つわりが起きる原因とその対策について

つわりは妊婦の体質が変化したことにより起きるものだとされています。
これは急激なホルモンバランスの変化に身体がついていかず、脳の嘔吐中枢が刺激されるからだ、という意見と、酸性になった体質をアルカリ性に戻そうとした結果だとも言われています。
しかし、これが起きる理由は、今のところはっきりしていません。あまり吐き気などがひどいと、入院をせねばならなくなりますが、医学的には病気ではないのです。
病気ではなくても、食事を取れないのは問題ですから、この場合は食べやすいものを選んで口にすることが重要となります。
果物は匂いや口当たりがよいため、吐き気が強い人でも安心して食べられます。栄養の偏りについても、そこには糖分やビタミンが豊富に含まれているため、それだけを口に運んでいても、倒れる心配はありません。
調理の必要がなく、生のまま食べられるのも魅力です。
ご飯の匂いを嗅いだだけで気持ちが悪くなるという人は、冷やしたご飯を食べるようにしましょう。
これは身体の調子がよいときに準備をしておき、冷ましてから冷や茶漬けにしてしまえば、安心して食べられるようになります。
おむすびにしておけば、寝ながらでも食べられるので、それも活用しましょう。